英熟語・イディオムのおすすめ勉強方法で効率的に語学力アップ!

英語のイディオム勉強のやり方

英熟語学習方法

 

英熟語(英語のイディオム)のオススメ勉強方法を教えます。

 

英単語よりも英熟語の暗記を苦手とする人が多い理由は、「同じ単語を使った英熟語なのに、和訳が全然違うこと」です。

 

その要因は、英熟語を構成する前置詞の意味が全く違うからですね。

 

そのため、同じ動詞を使った英熟語でも、和訳が全然違うようになってしまうのです。

 

英語の熟語を簡単に覚えていくには、それぞれの動詞と前置詞の語源(核となる意味)を覚えることがオススメの勉強方法です。

 

各語源を暗記していれば、見たことがない英熟語に出会ったとしても、その意味を予測することができます。

 

このように英熟語を単体で一ずつ記憶していくのではなく、イディオムによく使われている動画と前置詞をまとめて、中心の意味を覚えていくことが英熟語でオススメの学習方法です。

 

特に効率的な熟語の暗記方法は、同じ動詞が使われている英熟語をまとめて暗記することです。まとめて暗記すれば、それぞれの英熟語の違いを混乱せずに記憶できるから、オススメですね。

 

英熟語記憶システム【30日間無料】

効率的な記憶術

 

 

英単語の学習で陥りやすいパターンに、せっかく覚えた単語が熟語として使われると意味そのものが変わってしまうから意味が分からなくなってしまう、というのがあります。

 

 

単語の動詞と前置詞が組み合わさった熟語では、それぞれの単語が全く意味をなさないものになることがあります。

 

 

例えば、Look into~という熟語は、『~を調査する』という意味になりますが、単語だけで見ると、Lookは見る、intoは入るという意味です。

 

 

これが何故『調査をする』という意味になるのでしょう?もともとのLookの語原には、目を向けるや注意深く、などの意味があり、注意深く目を向けることが調査をするということにつながったと考えられるのです。

 

 

このように、単語と熟語をセットで覚えるためには、単語の意味と語源を知ることが大切になりますが、市販のテキストなどの場合、単語説明で語源をセットで解説しているものは少ないのが現実です。

 

 

そこで、最近話題の英単語暗記システム教材のボキャビルダーがオススメなのです。こうしたシステム中に出てくる単語カードは、単語と熟語の意味がそれぞれ理解できるように作られているので、非常にわかり易く、そして覚えやすくなっています。

 

 

単語カードをめくることで、目から文字が入るだけでなく、ネイティブな発音も耳に入ってくるので正しい発音を身に着けることも可能になり、受験生や社会人で英語をマスターしたい方など幅広い方に支持をされています。

 

英熟語記憶システム【30日間無料】